タイ経済の見通し(アジア開発銀行報告)

昨年の経済成長率は3.2%で、インフレ率はほとんど上昇せず。経常収支は大幅に黒字を計上。インフレ率が上昇し、経常収支黒字幅が狭くなる一方で、今年度と次期の成長率はわずかに高くなると思われる。どう効果的に「タイ4.0開発アジェンダ」が成長を再燃させるかは、タイの若者のスキルアップの程度に左右されます。

現地に暮らすリタイアの立場からすると、タイの成長が続くのはありがたいことではありますが、物価上昇もタイバーツ高も生活費はタイトになるのでもろ手をあげて歓迎とはいえないかもしれませんね。

アジア開発銀行は1966年以来タイ政府を支援してきました。これまで融資、補助金、技術援助プロジェクトなどに、US67億7000万ドルを融資してきた貸手です。タイ経済をつねにモニターしているので経済分析は読むことにしています。 詳細レポート

当面のタイバーツ動向・アメリカ材料に注目しつつゆり戻しに注意!

トランプ大統領就任後、アジアの為替市場も影響を受け続けていますが、タイバーツの動向について三菱東京UFJ銀行 経営企画部 経済調査室が当面の予想レポートを公開していました。以下引用します。

1月は引き続き米国の材料に注目、揺り戻しには注意

  • バーツ相場(対ドル)について、米国の材料を軸とした値動きとなろう。直近11月のタ
    イの輸出は前年同月比+10.2%、貿易黒字も拡大しているが、バーツ買いに繋がらずむしろドルの続伸が見られた。11月から続く金利上昇を伴ったドル買いの一方、新興国では株下落、通貨安が見られる。マレーシア等アセアン通貨に比べれば軽微ながらバーツ安圧力がかかっている。大統領選以降、トランプ氏の政策のうち、インフラ投資や法人税の減税といった拡張的な財政政策への期待が高まっているが、大統領正式就任後の両院での議会演説やその後の予算教書演説で、次期政権の経済・外交政策が一層明らかになる。市場参加者は、大統領選後のドル上昇の妥当性について判定を下すことになろう。
  • トランプ次期政権による財政拡張や規制緩和、保護主義などが政策や景気にどのように
    影響するか不確実性が高い中で、2017年以降の米経済に対し、市場参加者は楽観的な見方に傾いている。トランプ氏の大統領就任後に悲観シナリオが台頭した際には揺り戻しによる株安・金利低下・ドル安といった動きが大きくなることが予想される。

以上 三菱東京UFJ銀行経営企画部 経済調査室のレポートから引用

 

 

 

トランプ米国大統領の政策でタイの対米輸出が増える?

今朝のバンコクポストにApiradee Tantraporn商業大臣の談話として、なんとも楽観的な記事が出ていました。

要約すると、ドナルド・トランプ米国大統領の政策により

  • タイ製の自動車や自動車部品を筆頭に、缶詰および魚介類加工品、果物、冷凍食品、冷凍エビ、ゴム製品、宝飾品、ジュエリー、衣類等の米国への輸出増加が期待できる
  • これらの分野の製品は、トランプ氏が雇用、所得、経済的地位の面で支援を計画しているアメリカの中所得層の消費者に人気がある
  • トランプ氏は、米国の産業を守り貿易赤字を減らすために、一方的な貿易措置を厳格に施行する可能性が高く、入超のメキシコ、カナダ、日本、中国を対象とすはるず

といった見方です。さてこれからどうなるでしょうか。

タイバーツ動向・今年後半はトレンド逆転して35.5あたりか(TMB)

ドル金利上昇による、ゆるやかなドル高基調が、トランプ新大統領の政策でどう動くのか、今後のアジア通貨の為替動向はタイでも注目されています。タイで暮らす移住者にとっても切実な問題ですね。

バーツは今年上半期にドルに対して36.5へと弱まり、トランプ米大統領が約束通りの高い経済成長を達成できない可能性があるため、トレンドは逆転し年末には35.5とより堅調になるとTMB銀行(タイ軍人銀行)副総裁が述べています。

バンコクポスト記事 タイのTMB銀行副頭取のアジア通貨に関するコメントの中で、タイバーツに関する部分のみ以下共有します。

今年前半は大方の予想通り、米政策金利の引き上げでドルは強含みで推移すると見ています。アメリカ優先のトランプ政権誕生の勢いでドル高基調は今年前半は続くでしょう。

「しかし、これらの政策の実現性は依然として疑問で、もしトランプが公約を実現できなければ、今年下半期に米ドルは下落する可能性がある」とサランヤ氏。

一方、タイの中央銀行の動向ですが、
「タイの金融政策委員会(MPC)は、経済回復に対応するため、年率1.5%の政策金利を維持すると見ています。今年はインフレが進むと予想されますが、経済を牽引する民間消費や投資などは依然として明るくありません。MPCが今年の金利を据え置くと予想する根拠です。」(←バーツ建ての定期預金は2-3年前ほど魅力ないですよね)

政府の長期債券利回り急騰に引張られ、社債利回りが上昇するなど、今年の民間部門の財務費用は増加すると見込まれます。債券利回りの上昇から、企業は銀行融資に移行する可能性が高く、融資需要増加により、貸し手は金利引き上げを余儀なくされる可能性があります

The Bank of Thailand has taken steps to encourage capital outflows (one of the few central banks moving in the opposite direction).
Foreign reserves are at relatively high levels, .

アジアの中央銀行が資本流出を規制する中、タイ銀行は逆の方向に動き、資本流出を促進するための措置を講じています。 外貨準備高は比較的高い水準にあります。

ホンダ タイの乗用車市場で2年連続トップ

タイ・ホンダは、2016年のタイの乗用車市場でシェアが32.7%(2015年が31.6%)となり、2年連続で1位になったと発表しました。 詳細記事 e2nglish.astroawani.com

車種はHonda BR-V, HR-V and CR-V等が中心で、今年は新型のシビックも市場投入予定だそうです。 ホンダ全体ではメキシコ生産・トランプの雲行きが気になるところで株価も弱含みですが、タイ市場では好調が続きそうですね。

Honda’s market share in the country rose to 32.7 per cent from 31.6 per cent in 2015, which made the company the champion for passenger car market for two consecutive years. – Filepic BANGKOK : Automotive giant, Honda, reinforced its number one position in Thailand’s passenger car market with […]

チェンマイのクリーニング料金 4年前との比較

経済成長が続くタイの物価はゆるやかに上昇はしているが、洗濯にかかる費用はそれほど負担にならない。

チェンマイに住んでいるときの洗濯は、近所の洗濯屋に持っていったり、コンド内のコインランドリーで自分でやったりとその時の気分しだい。3-4日に一度やっている。

コンド近くの洗濯屋でやってもらうと、この写真一袋ぐらいで100バーツ。 朝早く出すと、お天気がよければその日の夕方にはできてくる。洗濯屋の料金はこの写真撮影時の4年前も今もあまり変わらない。今はバーツ安なので100バーツは330円ぐらい。4年前は380円ぐらい。日本円で比較すると、今のほうが15%ほど安い。

バーツが対ドルで一年ぶりの高値を更新

先月、7月6日から10日の間は、久々の超円高・バーツ安でしたが、あれから1月、昨日の為替相場ではバーツが対ドルで一年ぶりの高値を更新したようです。今度はバーツ高・ドル安です。
8月2日付のバンコクポストの経済面によると、アメリカFRBの利上げが先送りになりつつあることが要因のようです。 1ドル当たり34.76バーツ (実は、バーツは対ドルで年初来3.8%、それに比べマレーシア・シンガポールは5-6%ともっと高くなっています)

最近の日銀の緩和政策は、バーツ動向には大きな影響はなかったようです。

タイの株式市場は、欧米の投資家がゆっくりタイ市場へ戻り、英国のEU離脱前の水準を少し上回る程度までの買戻しがあったようです。タイの通信事業者への海外からの投資も大きかったようです。なんだかんだ、タイのファンダメンタルズを評価してのバーツ高ということになるのでしょうね。

バーツ相場は必ずしもドルに連動しないところが面白いですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ