なぜ徳島県にサテライトオフィスが集まるのか?

徳島県にはIT産業を中心とした新興企業の進出が相次いでいるそうです。日本に限らず世界中からノマドが集まるチェンマイとの共通点は何なのか、興味深く読みました。

チェンマイとの共通点のひとつは、ネットワークが充実している点。チェンマイのカフェでは無料のWiFiが普通です。香川県も、

県内全域でインターネットの高速通信(ブロードバンド)と、無料通話も可能なIP電話も実現・・神山町にやって来た人々は「通信速度は東京より速い」と口をそろえる。

なぜ徳島県にサテライトオフィスが集まるのか?

その他、なるほどと感じる点がいくつかありました。日本の企業がチェンマイに事務所を移転することは、すぐには無いかもしれませんが、フリーランスの人が拠点をチェンマイに持つ動きは、この記事を読むと、続きそうな気がします。

徳島県は過疎化が最も激しい県の一つといわれる。「過疎地域」に指定された市区町村の過去50年間の人口減少率を見ると、2010年時点で全国平均はマイナス36.5%。これに対し、徳島県はマイナス53.6%と大幅に上回る。また、都道府県内の集落のうち、限界集落(人口の50%以上が65歳以上の高齢者)の占める割合は、2015年時点で全国平均20.6%に対し、徳島県は42.8%に達する。

その徳島県で今、IT産業を中心とした新興企業の進出が相次いでいると聞き、現地を取材して歩いた。すると、東京や大阪といった大都市に本社を置く新興企業が、地方からでも遠隔で仕事ができる「サテライトオフィス」を開設していた。それに伴い、県外からの移住も増加している。 徳島県の発表によれば、既に40社が県内に「サテライトオフィス」を設置済み。その大部分が山間部の神山町(16社)と、海沿いの美波町(14社)に集中している(2016年9月時点)。なぜ、過疎化が進むこの二町に企業が進出しているのか。

 

今年は日タイ修交130周年ですが、タイ暦は何年でしょう

今年は日本タイ修交130周年です。 
「修交」とは、辞書によると:親しく交わること。特に、国家と国家とが親しく交流すること。英語はamity
とあります。

日本とタイの関係は幸運にも、戦争したことは無く、常に友好的な関係でした。さて、そんなタイのこよみ(暦)からすると、今年は何年でしょう。お釈迦様が無くなってからの年数が、タイ暦になり、今年は2560年になります。

2016年の「タイランドニュース」人気記事ベスト10

タイのニュースを届ける「 タイランドニュース 」の中で人気だった記事のベストテンが発表されました。

2016年に最も話題を集めたのが、Kittamuk Pinnarongさんです!可愛すぎるニューハーフのKittamuk Pinnarongさんが兵役検査の様子を自身のSNSにアップするや人気爆発。タイのあらゆるメディアで紹介され、一躍時の人になったのです。

  • 2016年の「タイランドニュース」人気記事ベスト10

日本のテレビ等でも取り上げられ批判が殺到したDYM社による騒動。タイ王室の保養地というタイ人にとって特別な場所で、DYM社の社員が全裸でビーチで大騒ぎ。「日本の恥」を晒してしまった事件でした。 3位にもDYM社の全裸事件がランクイン。HPでDYM社が謝罪を行ったという話題です。このニュースの続報である「 集団全裸事件のDYM社がタイ大使館に謝罪も、この謝罪はタイの方々に届くのか? 」も人気となりました。

テレビ番組「幸せ!ボンビーガール」でタイ移住に取り上げられたコンドミニアムなどを紹介。タイに移住をしたいと考えている人は多いのですね。 その他、空港の待ち時間に多くの日本人学校の子供たちが読書をしていることにタイ人がビックリという話題。 などなど・・さらに詳しくはこちらタイランドニュースを www.thaich.net

チェンマイのクリーニング料金 4年前との比較

経済成長が続くタイの物価はゆるやかに上昇はしているが、洗濯にかかる費用はそれほど負担にならない。

チェンマイに住んでいるときの洗濯は、近所の洗濯屋に持っていったり、コンド内のコインランドリーで自分でやったりとその時の気分しだい。3-4日に一度やっている。

コンド近くの洗濯屋でやってもらうと、この写真一袋ぐらいで100バーツ。 朝早く出すと、お天気がよければその日の夕方にはできてくる。洗濯屋の料金はこの写真撮影時の4年前も今もあまり変わらない。今はバーツ安なので100バーツは330円ぐらい。4年前は380円ぐらい。日本円で比較すると、今のほうが15%ほど安い。

ほんとうのシンプル

ノキアで私と同じマーケティング部にいたモニカが、「フィンランド人が教えるほんとうのシンプル」という本を出版した。最近日本でフィンランドは、教育水準の高いことなどでも注目をあびている。

クーリエジャパンにも、本の紹介と、なぜ今フィンランドなのかが書いてあった。私は、フィンランドの国や人々が、日本人の注目をあびるように変化したとかではなくて、彼らから学ぶべき点が多いことに日本人がやっと気づいたということなのだと思う。日本人は、古来の生き方をとうに忘れてしまっているが、フィンランド人の自然と人間の関係の持ち方は、シンプルに暮らしていた昔の日本人とそっくりなのだ。

ミニマリストにおすすめの一冊です。

どうして欧米人がチェンマイに移住するのか

イタリアの女性ライターが書いた記事が和訳されて出ていました。

イタリア人ライターだと、視点が違ったりするかなと期待して読んだのですが、特筆することは特にありませんでした。そうは言ってもチェンマイのことが簡潔に整理して書いてありましたので、ご一読を。

知る人ぞ知る「北の薔薇」とは?

人生100年「ライフシフト」を海外で読む

今年読んだ中で一番考えさせられたのがこのLIFE SHIFT(ライフ・シフト)です。ベストセラー「ワーク・シフト 」や「未来企業」の著者リンダ・グラットンの新刊です。

例えばこんなショッキングなことが書いてあります。目を覚ましていろいろ考えるきっかけになる一冊でした。

2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107年以上生きることが予想される。いまこの文章を読んでいる50歳未満の日本人は、100年以上生きる時代、すなわち100年ライフを過ごすつもりでいたほうがいい。

どう思いますか? 老後がやたら長くなりますよね。60歳定年が65歳定年に変わるのはもう見えていますが、その後はどうなってゆくのでしょう。老後とはなんさいからなのか、老後も働き続けなければいけなくなってしまうのでしょうか。長くなった老後の答えのひとつは海外移住なのかもしれません。

 

タイ観光ビザ申請料免除決定! (2016年12月1日から2月末まで )

タイ王国内務省は、2016年12月1日から2017年2月28日までに申請される観光ビザ(シングルエントリ)について、申請料の免除を決定しました。

ビザなし入国の場合、日本人であれば30日の滞在が可能です。30日以上の滞在の場合、何らかの費用がかかりましたが、今回の決定で60日間は無料(これまでは4500円)になりました。

観光収入の減少が背景にあるのかもしれません。(以前観光客が激減した後にも同様の措置がなされたことがありました。)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

チェンマイ入管事務所の移転等について

領事館から案内がありましたので共有しておきます

在チェンマイ日本総領事館からチェンマイ入管事務所の移転等についてのお知らせ

在留邦人の皆様へ

チェンマイ入国管理局では事務所工事に伴い、現在の査証申請窓口を閉鎖し、12月6日よりプロムナーダにて全てのビザ申請業務を開始します。

なお、チェンマイ入国管理局(チェンマイ空港側)では、T.M30の届け出のみ扱いとなっています。

ビザ申請の際は、お間違いなくプロムナードへ移転したチェンマイ入国管理局で申請をお願いします。

住所:Promenada Resort Mall Chiang Mai 192 – 193 Tumbon Tasala, Amphur Muang, Chiang Mai 50000
電話:053-142788

以上

「海外在留邦人数調査統計」外務省発表 タイは何位か?

例年この時期に発表される外務省の「海外在留邦人数調査統計」を見ました。タイ国に暮らす日本人の数は、6万7千人。アメリカ、中国、豪、英国に続く僅差の5位でした。タイから日本へ行く観光客が増えているのが話題になりますが、日本からタイへ移住する人も増加傾向にあり、両国の友好関係を示しています。一方ロングステイ人気ナンバーワンのマレーシアは今年もベスト10圏外でした。PR効果で人気は高いけれど実際のところは12位、人数はタイの1/3に満たない水準でした。 チェンマイにロングステイする人数は4000人と聞きました。タイの日本人の数パーセントはチェンマイに住んでいると考えてよさそうです。

stat2

在留届を出さずに長期滞在する人も多いので、実際の数字はもっと大きいはずですが、海外在住の日本人は2015年10月1日時点で131万7078人で、前年の調査から2・1%増加しています。 長期滞在者が0・7%増の85万9994人、永住者が4・7%増の45万7084人でした。 日本を出て海外移住する人が増えるているんですね。 男女別では女性が68万3695人、男性が63万3383人。この数字には企業の海外駐在員を含みますので、をれを踏まえても日本女性の海外進出が10%も多いってすごいですね。

時間のある方は、こちらに過去の資料もあります → 海外在留邦人数調査統計統計表一覧
先週発表の最新版はこちらのこちらの → PDF版をご覧ください。
国・地域別ベスト10は;

  1. 米国41万9610人(前年比1・3%増)
  2. 中国13万1161人(同2%減)
  3. オーストラリア8万9133人(同4・8%増)
  4. 英国6万7997人(同1・1%増)
  5. タイ6万7424人(同4・9%増)
  6. カナダ6万6245人(同4・7%増)
  7. ブラジル5万4014人(同0・7%減)
  8. ドイツ4万2205人(同5・8%増)
  9. フランス4万308人(同5・1%増)
  10. 韓国3万8060人(同3・7%増)

 

この統計は、3カ月以上の長期滞在者と永住者の合計数値をまとめたもので、観光客数は含んでいません。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村