海外移住者、高齢化と直面 医療費かさみ困窮も

中日新聞にチェンマイに移住した高齢者について記事が載っていたのでシェアします。厳しい現実を伝えています。

東南アジアなどに長期滞在して余暇を過ごす「海外ロングステイ」の人気が続く。定年後に充実した生活を送る人が多い半面、ついのすみかを前提に移住した人たちの高齢化が進み、病気や介護、孤独死の問題が深刻化。企業や現地の滞在者らで、解決に向けた取り組みも始まっている。 タイ北部チェンマイで二〇一六年六月下旬、七十代の日本人男性の葬儀が行われた。定年後に移住、一人で暮らす部屋で倒れ、一週間後に発見された。家族との関係が二十年以上、途絶えていたため遺族捜しが難航し、火葬まで二カ月を要した。 隣室に住んでいた七十代の日本人女性は「礼儀正しく優しい人だった。ただ、深い付き合いを避けていた印象がある。一歩、踏み込んで交流できていれば」と振り返った。 在チェンマイ日本総領事館によると、タイ北部の日本の長期滞在者は約三千百人で、六十歳以上が半数近くを占める。現地での死者数は増え、一六年は三十八人に上った。遺族が葬儀などに来なかったケースが半数を超える。 背景として将来の見通しが不十分なまま、安易に移住に踏み切る問題がある。金銭の余裕がなく、一人で生活する高齢者の場合、病気などで医療費がかさみ困窮する。家族との関係もこじれており、支援が望めない。認知症になり、現地での自活はもちろん、帰国も困難な例が少なくない。 タイを選ぶ理由の一つに日本と比べた生活費の安さがある。ロングステイ財団(東京)の佐藤博之業務部長は「バブル崩壊以降、リストラなどで職を失った人が年金の満額支給までの期間に滞在する例もある」と指摘。「家を売り、日本を捨てて行きたい」という相談も受けるという。佐藤部長は「介護が必要になった時などに帰る場所がなくなるリスクを考えてほしい」と話す。 問題が相次ぐ中で、現地の移住者らが結びつきを強め、支援活動を進める動きが出ている。 七十歳以上の会員が中心の「チェンマイ定住者集いの会」は、一六年十月の会で「終活」を議題に取り上げた。人生の最期を考え準備を促すのが目的で、約四十人が集まった。 火葬の許可は親族による手続きが必要で、たとえ家族と絶縁していても法律上の相続人に連絡されることなどを確認した。事前に葬儀代を積み立てる葬祭互助会の取り組みも広がりつつある。 九月には領事館や長期滞在者、タイ人らが連携し、独り暮らしの高齢者を見回り、介護や救護が必要な人を支援する活動がスタート。ただ、ボランティアに頼る運営のため、資金や人材確保に課題が残る。活動する山岸宏さん(80)は「終末期まで過ごせる地域社会をつくりたい」とした。

海外移住者、高齢化と直面 医療費かさみ困窮も

今の若い人が日本に住み続けるメリットは皆無です

NPOキッズドア理事長の悲痛な叫びがハフポストに載っているのが目にとまりました。低所得の家庭の無料学習会をひらいたり、同様のNPO等の連携を強めたり、、そういう現場でがんばっている人の訴えです。高齢者ばかり優遇しないで若い人や子供にもっと投資をせよ・・その通りだと思いました。(しかし、「日本に住み続けるメリットは皆無です」とは全く思いませんが。)

2017年の年頭にあたり、2016年を振り返り、子ども・子育て・若者支援に取り組むNPOの一員としての期待と願いをお伝えします。

「子どもの貧困」課題を解決するためには乗り越えなければならない壁 「シルバーポリティクス(高齢者の利害を反映した政治)」 の強固さを改めて認識したからです。
2017年を迎えて――シルバーポリティクス・高齢者の意識は変わるのか?

日本の70歳以上の高齢者は、一人当たり平均年間81万円以上の医療費がかかっています。70歳以上の方全員に81万円の医療費がかかり、そのほとんどが現役世代の税金や健康保険料で賄われています。 年間約19兆円 です。

子どもたちの教育にかける220億円がないと言いながら、高齢者の医療費は莫大です。 医療費を使う高齢者はどんどん増えるのに、子どもの数はどんどん減っていきます。さらにその子どもはまともな教育を受けられません。

親は、高齢者を支えるための税金、年金、保険料で子育てや教育に回すお金がありません。 このままいけば、日本は間違いなく破綻します。

なぜ日本では子ども・子育て・若者への支援が進まないのか? シルバーポリティクス(高齢者の利害を反映した政治)が働いているからです。

詳しくは、ハフポスト記事をお読みください www.huffingtonpost.jp

人生100年「ライフシフト」を海外で読む

今年読んだ中で一番考えさせられたのがこのLIFE SHIFT(ライフ・シフト)です。ベストセラー「ワーク・シフト 」や「未来企業」の著者リンダ・グラットンの新刊です。

例えばこんなショッキングなことが書いてあります。目を覚ましていろいろ考えるきっかけになる一冊でした。

2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107年以上生きることが予想される。いまこの文章を読んでいる50歳未満の日本人は、100年以上生きる時代、すなわち100年ライフを過ごすつもりでいたほうがいい。

どう思いますか? 老後がやたら長くなりますよね。60歳定年が65歳定年に変わるのはもう見えていますが、その後はどうなってゆくのでしょう。老後とはなんさいからなのか、老後も働き続けなければいけなくなってしまうのでしょうか。長くなった老後の答えのひとつは海外移住なのかもしれません。