人生100年「ライフシフト」を海外で読む

今年読んだ中で一番考えさせられたのがこのLIFE SHIFT(ライフ・シフト)です。ベストセラー「ワーク・シフト 」や「未来企業」の著者リンダ・グラットンの新刊です。

例えばこんなショッキングなことが書いてあります。目を覚ましていろいろ考えるきっかけになる一冊でした。

2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107年以上生きることが予想される。いまこの文章を読んでいる50歳未満の日本人は、100年以上生きる時代、すなわち100年ライフを過ごすつもりでいたほうがいい。

どう思いますか? 老後がやたら長くなりますよね。60歳定年が65歳定年に変わるのはもう見えていますが、その後はどうなってゆくのでしょう。老後とはなんさいからなのか、老後も働き続けなければいけなくなってしまうのでしょうか。長くなった老後の答えのひとつは海外移住なのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA